Doorkeeper

【限定10名!/1日目】IoTプラットフォーム「sakura.io(さくらアイオー)」体験ハンズオン@e-messe kanazawa

2019-05-17(金)13:00 - 14:00

石川県産業展示館(e-messe kanazawa A会場)

石川県金沢市袋畠町南193

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

事前申込枠
無料
当日整理券入場枠
無料
参加者は中学生以上となります。事前申込枠が満席となった場合、当日整理券入場枠のご用意はいたしません。

詳細

※実施内容は1日目、2日目ともに同一となります。お好きな日程にご参加ください。
  

はじめに

近年「IoT」は単なるバズワードからごく身近なキーワードになってきています。クラウドサービスやハードウェアも汎用製品/サービスが多く利用できるようになり、従来よりも簡単・安全・低コストでIoTに取り組めるようになってきました。

本イベントでは、IoTプラットフォームである「sakura.io*」を実際に使い、「センサーデータ取得」から「可視化とデバイス制御」までの全体像を掴んでいただけるハンズオンセミナーを行います。「組み込み系」の方から「Web系」の方まで、どちらにもお楽しみいただける内容となっております。

ハンズオンの中では代表的なハードウェアやサービスとして「Arduino*」および「Node-RED*」を使用します。

  

* sakura.io(さくらアイオー)とは? https://sakura.io/
さくらインターネットが開発/提供している、モノゴトの情報をネットワークとやり取りする為に必要な全てを提供するIoTプラットフォームです。
利用者のデバイスに組み込む「モジュール」、外部のクラウドやサービスと連携する「プラットフォーム」をワンセットで提供しています。

sakura.io

  

* Arduino(アルドゥイーノ)とは? https://www.arduino.cc/en/Guide/Introduction
使いやすいハードウェアとソフトウェアをベースにした、オープンソースのエレクトロニクスプラットフォームです。
ボードにスケッチと呼ばれるプログラムを書き込むことによって、センサーやボタンのような入力を読み取ったり、モーターやLEDのような出力に変換できます。

Arduiino

  

* Node-RED(ノードレッド)とは? https://nodered.org/
ハードウェアや、APIおよびサービスを相互接続するためのビジュアルプログラミングツールです。
ブラウザベースのエディタを使い、様々な機能を持った「ノード」を結びつけてデータの処理フローを作成し、簡単にアプリケーションとして展開することができます。

Node-RED

  

  

イベント概要

タイトル

【限定10名!/1日目】IoTプラットフォーム「sakura.io(さくらアイオー)」体験ハンズオン@e-messe kanazawa
  

対象

・デバイスや組込みソフトウェア開発に携わっており、以下のいずれかに当てはまる方

  • 通信部分の設計や開発に悩んでいる方
  • IoTにおけるWeb側の役割や具体例構築に興味がある方

・Webやアプリケーション開発に携わっており、以下のいずれかに当てはまる方

  • IoTのサービス開発においてバックエンドシステムの設計や開発に悩んでいる方
  • IoTのサービス開発における組み込み側の役割や具体例構築に興味がある方

・IoTの体験やプログラミングに興味がある方

  

タイムテーブル

12:50- 開場、受付時間

時間 内容 登壇者
13:00 さくらインターネットのIoTご紹介
&sakura.io体験ハンズオン
さくらインターネット
西田 有騎

14:00- 完全終了予定   

※ ハンズオンはβ版モジュールを使用しますが、仕様や利用方法は正式版と同一です。
※ タイムスケジュールおよび内容は都合により変動する場合があります。ご了承ください。
  

ハンズオン詳細(予定)

本イベントでは、通常開催のハンズオンの内容を一部短縮して1時間枠で開催いたします。

1.sakura.ioの設定
 sakura.ioを構成する「プロジェクト」「モジュール」「連携サービス」
 を設定し、外部にデータを連携できるようにしましょう。
 ※ 今回は本工程がすべて設定完了している状態で進めます。

2.マイコンおよびプログラムの構築(センサデータのアップロード)
 センサおよび「sakura.ioモジュール」をArduinoに接続し、
 sakura.ioにデータを送信してみましょう。
 Arduinoからsakura.ioモジュールに対しては、機器内部通信での
 汎用的な規格である「I2C(アイスクエアシー)」を使用します。
 ※ 今回は予め組み上げたデバイスにスケッチを書き込むところを行います。

3.クラウドへのデータ連携
 弊社のクラウドサービス「さくらのクラウド」環境にNode-REDを
 立ち上げ、プラットフォームからデータを使い、可視化および
 デバイス制御を実現するWebアプリケーションを構築します。
 データの連携はsakura.io内で提供している汎用的な双方向通信向け
 プロトコルである「WebSocket(ウェブソケット)」を使用します。
 ※ 今回は構築済Node-REDにデータ処理フローを作成するところを行います。

※ ArduinoやNode-REDは一例として使用するものであり、詳細な講義は含みません。
  
ハンズオン概要
  

ご用意いただくもの

*お名刺(企業所属の方のみ)

※ ノートPCは弊社にてご用意いたします。

※ sakura.ioモジュールおよびArduino用シールド、Arduino本体、センサは弊社にてご用意いたします。

※ sakura.ioおよびさくらのクラウドのアカウントは弊社にてご用意いたします。
   

会場

石川県産業展示館(e-messe kanazawa A会場)
石川県金沢市袋畠町南193
https://www.sakura.ad.jp/corporate/corp/office.html#branch
  

参加費

無料

※ 現地までの交通費は参加者ご負担となります。
  

Facebookページ

・sakura.io https://www.facebook.com/groups/SakuraIO/
・さくらインターネット http://www.facebook.com/SAKURA.Internet

  

ハッシュタグ

#sakuraio
  

資料

・サービスご紹介 https://speakerdeck.com/sakuraiot/sakura-iot-introduction
・ハンズオン https://speakerdeck.com/sakuraiot/sakuraio-handson-part2
・リンク集 http://bit.ly/sakuraio01
  

その他

※ 当社のFacebookページやTwitterでのツイート、また、参加者のブログなどにお顔等が写りこんでしまう可能性があります。あらかじめご了承ください。

※ お申し込みにあたっては当社の個人情報保護方針 ( http://www.sakura.ad.jp/privacy/ ) に同意ください
  
ご協力:株式会社アイ・オー・データ機器
運営担当: さくらインターネット IoTチーム 西田

コミュニティについて

さくらのイベント(東海・北陸版)

さくらのイベント(東海・北陸版)

東海・北陸地域にて開催される、さくらインターネット株式会社( http://www.sakura.ad.jp )が主催、もしくは公認するイベントに関するコミュニティです。

メンバーになる